グッズ/大人のおもちゃ 激安通販/ラブキャット



大人のおもちゃを使用率が年々像家の傾向にある中誤った知識で使用する方が増えてきています。こちらからは大人のおもちゃの種類と基礎的な使用方法についてご紹介していきたいと思います。


大人のおもちゃが日本で使われるようになったのは飛鳥時代と言われています。大和朝廷に遣唐使が献上したものの品々の中に青銅製の張り型が含まれて痛そうです。奈良時代には水牛製の張り型が見つかっています。このころの張り型は大人の玩具としての要素が少なく儀式などに利用されていました。張り型が自慰具として使われるようになったのは江戸時代以降だそうです。
江戸時代には大人のおもちゃのようなものを取り扱う小間物屋がありました。そのお店では張り型(現代のディルドのようなもの)・兜形(指サックを短く切ったような形。現代のコンドームのようなもの)・吾妻形(べっ甲製で穴が開いていて内側にビロードや皮を張った形。現代のラブホールのようなもの)・互形(女性2人で使うもの。双頭バイブのようなもの)・助け舟(元気のなくなった男性器に挟んで使う。サックのようなもの)・琳の玉(女性器の中に入れピストン運動の際に2つの玉の音がします)などが販売されていました。現代のおもちゃは江戸時代くらいに考案されていたらしいですね。
明治以降は取り締まりが厳しくなり厚生大臣の認可が必要になりました。販売業者は顔をつけて「こけし」「人形」として販売するようになりました。昭和30年代に電動バイブが開発されヒットしました。昭和46年にはあの有名な「熊ん子」が販売されバイブブームが到来しました。この熊ん子は民芸品と表記されて販売されていたそうです。その後、ただの振動からくねりやスイングなどの機能が付け加えられていき現代のバイブへと進化して行きました。





ローター

ローターは大人のおもちゃをはじめる人の入門グッズです。値段が手ごろで見た目も受け入れやすいです。性的な刺激で一番効果的なのが「バイブレーション」です。この振動だけのシンプルな機能がを持っているのがローターなのです。指先の力の入れ具合で振動を強めたり弱めたり出来ます。当てる場所や力加減でいろいろな楽しみ方が出来ます。

バイブ

女性のオーガズムはクリトリス派、Gスポット派、ポルチオ派に分かれます。日本人女性の約7・8割はクリトリス派だそうです。最近のバイブはクリトリスもGスポットも両方楽しめるタイプが人気です。2点、3点の性感帯を同時に攻めるとより高い快感を得られるそうです。
バイブは始めから挿入するのはやめましょう。まずはクリバイブだけを動かし外側からだんだんと時間をかけて刺激していきます。なるべくローションを併用しましょう。挿入後はソフトにピストンさせます。前後のピストン運動だけでなく回転させたり挿入角度を変化させ膣内とくまなく刺激するのがポイントです。10代〜20代の女性は浅めの挿入がおすすめです。バイブを使うと簡単にクリトリスや膣内の快感が味わえます。角度や深さを変えればGスポットやポルチオ性感をも刺激することが出来ます。ポルチオとは膣の置くの子宮口を刺激し、その振動が腹膜まで伝わり快感を得られる場所です。クリトリスよりもはるかに高い快感だそうです。バイブで開発してみましょう。

アナルセックス

アナルに対する興味が年々高まってきているようです。以前はホモの人たちが楽しむという偏見が多くありましたが現代ではストレートな男女間でも普及し始めています。アナルは膣圧の約10倍くらいあります。アナル内部は締め付けたり襞があるわけではありませんので肛門部分で前後させます。男性の快感はもちろん女性にもいくらかの快感はあります。アナルの奥まで挿入し腸の内部を刺激すると刺激が膣まで伝わり、ポルチオ性感を刺激するそうです。アナルは緊張すると括約筋を収縮させてしまい挿入困難になりますので粘度の高いローションをたっぷりつけてやさしくなでましょう。直腸はとてもデリケートな部位なので清潔に扱ってください。直前に腸の洗浄とコンドームをしようするといいでしょう。

ホール


近年は小型のモーターが開発されホールに付け加えられるようになりました。スイング機能が付け加えられたホールの回転、腰を振っているようなくねり、空気の袋で締め付けたい件、前後に移動するフェラチオのような吸い付き、さまざまな動きのバリエーションがあります。



他の商品を見る
こちらで掲載していないおもちゃがもっとあります
かつて喝采をあびた温泉も今は人が少なくのんびりと入れる。前よりも魅力が40%増したな。

copyright © yellowcat.jp allright reserved.